←トップ頁へ

検索名  ホワイト・ホアハウンド
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
 
撮影地:都市緑化植物園帰化植物見本園 
和名 ニガハッカ
漢字表記 苦薄荷
別名・異名 ホアハウンド/ホワイト・ホアハウンド/コモン・ホアハウンド
古名
語源 和名は、ハッカに似た芳香を持ち、味に苦味があること方。/属名はラテン語のmarrob(=苦い汁)に由来しているという。/種小名は「普通の」の意。
学名 Marrubium vulgare
英名 White Horehound ,
Common Horehound
仏名 Marrube commun
独名 Gewöhnliche Andorn
伊名 Marrubio comune
西名 Marrubiurn vulgare,
Marrubio
葡名 Erva-virgem,
Incenso,Marroio
漢名 欧夏至草
植物分類 シソ科ニガハッカ属
園芸分類 多年生草本
用途 ハーブ酒/薬用/防虫剤/駆虫剤
原産地 ユーラシア/北アフリカ
花言葉
解説 ニガハッカはシソ科の多年草である。ニガハッカは、広い意味では、ホワイト・ホアハウンド(=本種)とブラック・ホアハウンドの双方を含める場合がある。両者は、等しくシソ科に属していても、別の属に分類される。しかし、一般的には、英名のCommon Horehoundにも見られるようにホワイト・ホアハウンドをニガハッカ或いは英名からのホアハウンドと呼んでいる。本種の茎は直立し、草丈は40~60㎝程度になり細かく分枝をする。葉は卵形で、葉脈が明瞭であり、茎に互生する。茎・葉共に柔毛が密生する。6~8月頃、葉腋に白色の小花を輪生する。
履歴 本種は、古代エジプトの時代よりその薬効が知られており、解毒や風邪薬として用いられてきている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考