←トップ頁へ

和名 ホウレンソウ
漢字表記 菠薐草
別名・異名 カラナ(唐菜)/アカネナ(赤根菜)
古名
語源 和名の「菠薐」とは、唐の時代にネパールを指したとも。また、別の説では、ペルシャを指したとも。/属名はspeira(=刺)に由来している。種子の様子から。/種小名は「食用蔬菜の」の意。
学名 Spinacia oleracea
英名 spinach
仏名 epinard
独名 Spinat
伊名 spinacio
西名 espinaca
葡名 espinafre
漢名 菠菜
植物分類 ヒユ科(←アカザ科)ホウレンソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用野菜
原産地 コーカサス地方
花言葉 活力
解説 ホウレンソウは、ヒユ科(←アカザ科)の野菜である。コーカサス地方で古くから栽培され、東西に広まった野菜である。草丈は30〜90p程度。主根は真っ直ぐ下に伸び、肉質で淡紅色。葉は長絵を持ち三角状卵形で、基部は不規則な羽状に裂する。夏場に穂状花序を出し、黄緑色の小花を見せる。
履歴 我が国へは、江戸初期に中国より渡来した東洋種と、江戸末期にフランスから渡来した西洋種の二種類がある。
県花・国花
古典1
古典2 『菜譜』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考