←トップ頁へ

和名 ホタルカズラ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/栃木県三毳山にて↓ 
漢字表記 蛍蔓・蛍葛
別名・異名 ホタルソウ・ホタルカラクサ・ルリソウ
古名 撮影地:東京都薬用植物園→
語源 和名は、草むらの中に点在して開花しているルリ色の花を蛍の光に見立てたものとか。/属名はギリシャ語のlithos(=石)とsperma(=種子)の合成語から。/種小名はドイツの植物学者Heinrich Zollingerの名に因んでいる。
学名 Lithospermum zollingeri
(=Buglossoides zollingeri)
英名
仏名
独名
伊名   
西名
葡名
漢名 梓木草
植物分類 ムラサキ科ムラサキ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/庭植え/ロックガーデン/薬用(果実)
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 高潔・企み
解説 ホタルカズラはムラサキ科の多年草である。概して、日当たりの良い山野や路傍等に見られる野草である。草丈は15~30程度。新枝は直立し、開花後は基部から横に這う。茎は細く粗毛が取り巻く。葉には葉柄が無く、倒披針形で茎に互生する。葉は長さ2~5㎝、幅0.5~2㎝程度で、両面に粗毛が見られる。葉は、冬場にも枯れずに残る。4~5月頃、茎頂にルリ色の小花を数個つける。花冠は5裂し、花の中央部は白色となる。果実は卵球形で白熟する。 
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考