←トップ頁へ

和名jp ホクリクネコノメソウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 北陸猫眼草
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、北陸地方に自生の見られるネコノメソウの意から。
属名は、ギリシャ語のchrysos(=金の)とspleen(=脾臓)の合成語で、花色と薬効からと言う。
種小名は、明治期に日本で植物採集を行った宣教師U.フォーリーの名に因んでいる。
学名sn Chrysosplenium faurei
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ネコノメソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え
原産地
distribution
日本(本州:新潟県~島根県の日本海側) 
花言葉
解説
descripyion
ホクリクネコノメソウは山地の谷間等の湿り気のある岩上等に自生の見られるユキノシタ科の多年草である。草丈は10㎝程度となる。根出葉は開花時まで残る。葉は円形~楕円形で、表面には葉脈が明瞭である。葉の縁部には鋸歯があり、先端部はほぼ鈍頭で、基部では茎に対生する。5月頃に開花し、イワボタン等と同様に苞が鮮黄色になる。花盤は淡緑色で、雄蕊は8個で、萼裂片より長く、開花時には直立する。花には花弁は無く、萼片は4個、雄蘂は8個で、長く突き出る。  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考