←トップ頁へ

和名jp ボタンネコノメ
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 牡丹猫眼
別名・異名
another name
語源
etymology
和名は、花姿からの命名と推測される(等しくユキノシタ科にネコノメソウが存在するが、あまり花は目立たないのに対して、本種は花が際だっていることによる。)
属名はギリシャ語のchrysos(=金の)とospleen(=脾臓)の合成語であるが、この属に薬効のある植物が存在したから。
種小名は「京都の」の意。
学名sn Chrysosplenium kiotense
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ユキノシタ科ネコノメソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州:岐阜県以西)
花言葉
解説
description
ボタンネコノメは、ユキノシタ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の山間の湿地に自生の見られる野草である。草丈は10センチ程度となる。根出葉は開花時にも残り径15~30㎜程度のほぼ円形で、短い葉柄を持つ。4~5月頃、高さ5~20㎝程度の花茎の頂部に紅色を帯びた花をつける。花弁は持たず、4個の萼裂片で構成される。雄蕊は8個で、萼片よりも短い。苞葉は、長さ1~2㎝、幅0.5~1㎝程度の卵形~長楕円形で、開花時には概して黄色く染まる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考