←トップ頁へ

検索名 ヴィオラ・ペルシキフォリア
和名jp モモバスミレ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

 撮影地:ポルトガル・アルガルベ地方


漢字表記 桃葉菫
別名・異名
another name
ヴィオラ・ペルシキフォリア
古名old nbame
語源
etymology
和名は、学名の直訳から。
属名はスミレのラテン古名から。
種小名は「モモの葉のような葉を持った」の意。
学名sn Viola persicifolia
英名en Fen violet
仏名fr Violette àa feuilles de pêcher
Petit muget á deux feuilles
独名de Graben-Veilchen
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 菫宝蓮
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
中央ヨーロッパ~北欧~アジア北部
花言葉 豊かな恋
解説
description
ヴィオラ・ペルシキフォリアはスミレ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で、石灰質な土壌で湿地に近いような湿度の高い場所に概して自生の見られる野草である。茎は地を匍匐し、広がりを見せる。草丈は10~30㎝程度となる。葉は、径7~15㎜程度の長楕円形で、縁部には粗鋸歯があり、概して外縁は内側に巻き込むが傾向を見せる。1~3月頃、葉腋から花柄を伸ばし、径1.5㎝程度で白色~青紫色~薄紅色の花をつける。舌弁には線状紋が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考