←トップ頁へ

和名jp ヴィオラ・パルストリス
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方


漢字表記
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、学名の音読み。
属名はスミレのラテン古名から。種小名は「沼地性の」の意。
学名sn Viola palustris
英名en Marsh violet
Alpine marsh violet
Bog violet
仏名fr Vioklette des marais
独名de Sumpfveilchen
伊名it Viola palustre
西名es Violeta palustre
葡名pt
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
原産地
distribution
グリーンランド~ユーラシア大陸北部~北米
花言葉 豊かな恋
解説
description
ヴィオラ・パルストリスはスミレ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地で、標高0~1800mの沼地に自生の見られる野草である。茎は地を匍匐し、小さな群落を作る。草丈は3~20㎝程度となる。葉は、径6㎝㎜程度の腎形で、2~4個が根出し、ロゼット状に地に広がりを見せる。葉の縁部は粗鋸歯を持ち、基部では長い葉柄に連なる。葉の表面には幾分光沢がある。4~7月頃、葉腋から花柄を伸ばし、径1㎝程度で淡青色の花をつける。花冠は5裂し、上唇は2個、下唇は3個となり、下唇の中央裂片には濃青色の条紋が走る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考