←トップ頁へ

検索名 ピレア・ヌンムラリーフォリア
和名jp
 撮影者:大阪府 藤井 勝様↑
撮影者:東京都 中村利治様↓  撮影地:筑波実験植物園↑ 
漢字表記
別名
other name
ピレア・ヌンムラリーフォリア
古名
old name
大阪府 咲くやこの花館にて
語源
etymology
属名は、ラテン語のpileus(=ローマ時代のフエルト製帽子)を語源としている。
種小名は「平円板状の葉の」の意。
学名sn Pilea nummulariifolia
英名en Creeping Charlie
仏名fr
独名de
伊名it  
西名es Llama dolar 
葡名pt Dinheiro-em-penca
漢名ch 円葉冷水花
植物分類 イラクサ科ミズ属
園芸分類 多年性草本
用途use 鉢植え(ハンギング・ポット)/路地植え(グランドカヴァー)
原産地
distribution
中南米(西印度諸島~ブラジル)
花言葉
解説
description
ピレア・ヌンムラリーフォリアは、イラクサ科の常緑多年草である。草丈は30~40㎝程度。匍匐枝で広がりを見せ、マットを形成する。葉は、円形もしくは楕円状、淡緑色で、表面は波打つ。葉の縁部には規則的な鋸歯があり、先端部位は鈍頭で、茎に対生する。葉の表面には、白色の長細毛が散生する。花は白色の小花で鑑賞にたえる程ではない。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考