←トップ頁へ

検索名  ピンピネラ・ロゼア   
和名 ピンピネラ・マヨール 'ロゼア'
漢字表記
別名・異名 ピンピネラ・ロゼア、ピンク・ピンピネラ、グレートバーネット・サキシフレージ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はラテン語のdipinella(=羽毛)を語源としている。葉姿から。/種小名は「より大きな」の意。/品種名は「バラ色の」の意。
学名 Pimpinella major 'Rosea'
英名 Pink cow parsley,
Pink pimpinella,
Burnet saxifrage
仏名
独名
伊語
現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
西名
葡語
漢名
植物分類 セリ科ミツバグサ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/ハーブ
原産地 ヨーロッパ
花言葉
解説 ピンピネラ・マヨール 'ロゼア'は、セリ科の多年草である。概してヨーロッパ各地の牧草地や草原に見られる。ハーブの「アニス」の仲間である。草丈は50~100㎝程度。葉は奇数羽状複葉で、小葉は無柄の披針形~楕円形で、葉軸に対生する。小葉の縁部には深く入れ込んだ鋸歯があり、先端部は尖る。5~7月頃、長い花茎を立ち上げ、複散形花序を出し、ピンクで5弁の小花を多数つける。葉には芳香がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2  
季語  
備考