←トップ頁へ

和名 ピンク・フェアリー・オーキッド
漢字表記
別名・異名 カラデニア・ラティフォリア
古名
語源 和名は英名(原産地名)の音読みから。/属名はギリシャ語のCalos(=美しい)とaden(=腺)の合成語から、唇弁の基部に明瞭な腺があることから。/種小名は「広葉の」の意。
学名 Caladenia latifolia
英名 The broadd leafed Caladenia,
Pink fairy orchid
仏名 撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
独名
伊名 撮影地:オーストラリア・パース
西名 キングス・パークにて
葡名
漢名
植物分類 ラン科カラデニア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 ピンク・フェアリー・オーキッドはラン科の多年草である。本種は、オーストラリア沿岸部の砂浜に地生するランである。草丈は40㎝程度となる。葉は単葉で、長さ20㎝、幅3㎝程度の楕円状披針形で、細毛が密生し、先端部は尖る。原産地では冬~春に毛深く長い(40㎝程度)の花茎を立ち上げ、その先端部に総状花序をつけ、径3.5㎝程度で桃紫色の花を1~4個程度つける。萼片・花弁共に上面には細毛があり、縁部は幾分鋸歯状となる。唇弁は三角状で基部は白色となる。花弁・側萼片共に淡桃紫色地に濃桃紫色の条線が走る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考