←トップ頁へ

検索名  ピンギキュラ・モラネンシス 
和名 アシナガムシトリスミレ
漢字表記 足長虫取菫
別名・異名 ピンギキュラ・モラネンシス
古名
語源 和名花茎が長いムシトリスミレの意から。/属名はラテン語のpinguis(=やや太った)を語源としている。葉表に脂肪光沢が多いため。/種小名は「(本種の産地であるメキシコの)Mina de Moraの」の意。
学名 Pinguicula moranensis
英名 Orchid flowered butterwort
仏名
独名
伊語
西名 Violeta de barranca
葡語
漢名 墨蘭捕蟲堇
植物分類 タヌキモ科ムシトリスミレ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 メキシコ
 花言葉 欺きの香り   栃木花センターにて
解説 アシナガムシトリスミレはタヌキモ科の宿根草である。本種はメキシコの熱帯雨林の崖や急斜面等に自生が見られ、希に樹木にも半着生するという。所謂メキシカンピンギキュラの一種である。葉は多肉質で多数叢生する。夏葉はほぼ円形で長さは6~12㎝程度で、縁が内側に湾曲する傾向を見せる。1~3月頃に花茎を伸ばし、茎頂に筒状花を見せる。花冠は5深裂し、上下2唇状となる。花色は白、青紫、赤紫、赤などと多彩である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考