←トップ頁へ

検索名  ピンギキュラ・アフロディーテ 
和名 ムシトリスミレ・アフロディーテ
漢字表記 虫取菫アフロディーテ
別名・異名 ピンギキュラ・アフロディーテ
古名
語源 和名学名の音読みから。/属名はラテン語のpinguis(=やや太った)を語源としている。葉表に脂肪光沢が多いため。/品種名はギリシャ神話に登場する「美」・「愛」・「豊穣」の女神の名に因んでいる。
学名 Pinguicula 'Aphrodite'
英名
仏名
独名
伊名 栃木花センターにて
西名
葡名
漢名
植物分類 タヌキモ科ムシトリスミレ属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 欺きの香り
解説 ムシトリスミレ・アフロディーテはタヌキモ科の宿根草である。本種はメキシコ産の熱帯高山性ムシトリスミレ(Mexican Pinguicula)の交配によってチェコで作出された園芸品種である。交配親はPinguicula agnata種とPinguicula moctezumae種である。葉の長さは5㎝前後程度で、長楕円形、放射状に根生する。葉の表面に粘液を分泌し、小さなな昆虫を捕らえ消化吸収する。本種の開花は、どうやら通年開花のようである。花色は鮮やかな藤色で、花径は3㎝前後程度である。本種は、前述の交配結果によって生まれたF1種のため、個体差が大きいと言われている。                
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考