←トップ頁へ

和名 ピンギキュラ・アグナータ
撮影者:東京都 中村利治様 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名学名の音読みから。/属名はラテン語のpinguis(=やや太った)を語源としている。葉表に脂肪光沢が多いため。/種小名はラテン語で「父方の女性の親族」の意であるが、意味不明。
学名 Pinguicula agnata
英名 Butterwort
仏名
独名
伊名 撮影地:夢の島熱帯植物館
西名
葡名
漢名
植物分類 タヌキモ科ムシトリスミレ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/園芸交配親
原産地 メキシコ
花言葉 欺きの香り
解説 ピンギキュラ・アグナータはタヌキモ科の宿根草である。葉の長さは10㎝前後程度で、篦型で、放射状に根生し、径20㎝程度のロゼット状となる。葉の表面に粘液を分泌し、小さな昆虫を捕らえ消化吸収する。本種の開花は、どうやら通年開花のようである。花色は鮮やかな桃紫色で、花径は3㎝前後程度の筒状花である。花冠は5裂し、喉部は明るい黄緑色となる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考