←トップ頁へ

検索名  ピンク・エナメル・オーキッド 
和名  エリスランセラ・エマルギナータ 
漢字表記 ↑撮影地:西オーストラリア州
スターリングレンジ国立公園↓
撮影地:西オーストラリア州
ジョン・フォレスト国立公園↓
 
別名・異名 ピンク・エナメル・オーキッド/エリスランテラ・エメルギナータ
古名 花表面→
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のelytron(=覆う)とanthera(=葯)の合成語から。/種小名は「凹形の」の意。花の中央部が凹んでいることから。
学名 Elythranthera emarginata
英名  Pink enamel orchid,
The notched Elythranthera
仏名   
独名 撮影者:愛媛県
伊名  日原由紀子様
西名
葡名
漢名 花裏面→
植物分類 ラン科エリスランセラ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 エリスナンセラ・エマルウギナータはラン科の多年草である。本種は、オーストラリア西部の沿岸湿地帯に自生の見られる地生ランである。草丈は15~25㎝程度となる。葉は楕円状~線状で先端部は幾分尖る場合もあるが、概して鈍頭である。10~12月頃細長い花茎を立ち上げ、径3.5~4.5㎝程度で桃紫色の花を1~4個付ける。花弁・萼片の表面にはエナメル塗装をしたかのような光沢がある。そこで、原産地のオーストラリアでは、Pink enamel orchidの名で親しまれている。花茎・花弁・萼片の縁部・外側並びに花茎には腺毛が密生する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
   
   
   
   
   
  葉姿と花茎→ 
  全景↓