←トップ頁へ

和名 ピンギキュラ・マクロフィラ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はラテン語のpinguis(=やや太った)を語源としている。葉表に脂肪光沢が多いため。/種小名は「大葉の」の意。
学名 Pinguicula macrophylla
撮影者:東京都 中村利治様
英名 Butterwort
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類 タヌキモ科ムシトリスミレ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 メキシコ~グアテマラ
 花言葉 欺きの香り   撮影地:夢の島熱帯植物館
解説 アシナガムシトリスミレはタヌキモ科の宿根草である。本種は原産地の項に記した地で、標高2000~2600m級高地の針葉常緑樹林下に自生する野草である。原産地は、安山岩や流紋岩等の土壌地帯で、渓谷の斜面に自生する。所謂メキシカンピンギキュラの一種である。葉は多肉質で多数叢生する。夏葉と冬葉を持ち、冬場は、食中せず、ロゼットを構成し、11月頃から冬越しをする。6月頃から10月の雨期頃には表面に腺毛の密生した夏葉で過ごし捕虫をする。夏葉はほぼ円形で長さは3~10㎝、幅2.5~10㎝程度で、縁が内側に湾曲する傾向を見せる。原産地では6~7月頃、周囲を白色の腺毛で覆われた長さ20㎝程度の花茎を立ち上げ、その頂部に長さ2~3㎜程度の筒状花をつける。花冠は5裂し、2片の上唇は外方に反曲する。舌唇は3片で、舌唇は前方に突き出て裂片の喉部には白色の模様が入る。花色は紫色~淡紫色となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考