←トップ頁へ

検索名 ピネリア・コルダータ
和名 ニオイハンゲ
漢字表記 匂半夏
別名・異名 ピネリア・コルダータ
古名
語源 和名は、花に芳香を持つハンゲの意。因みに、ハンゲとはカラスビシャクの漢名である。/属名は、イタリアの植物学者G・V・ピネリの名に因んでいる。/種小名は「心臓形の」の意。
学名 Pinellia cordata
英名 Miniature Green Dragon/ Sweet Arum 植栽品
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 心葉半夏
植物分類 サトイモ科ハンゲ属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 中国
花言葉
解説 ニオイハンゲは、サトイモ科の球根植物である。園芸界と言うよりも、山草愛好家が愛培しているケースの強い植物である。葉姿は、サトイモの葉を小さくしたような様子である。仏炎苞を持ち、芳香がある。長さは10㎝前後。葉の中心にむかごをつけ繁殖する。
履歴 我が国へは、第二次大戦後渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考