←トップ頁へ

和名jp ヒュウガハナゼキショウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園
漢字表記 日向花石菖
別名・異名
another name
ヒュウガチャボゼキショウ(日向矮鶏石菖)
古名old name
語源
etymology
和名は、宮崎産のハナゼキショウであることから。
属名は、イギリスの植物学者Thomas Tofieldの名に因んでいる。
種小名は日本人名に因んでいるが詳細不詳。故吉井義次博士だろうか?
変種名は「日向産の」の意。
学名sn Tofieldia yoshiiana var. hyugaensis
英名en
仏名fr
独名de  
伊名it  
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 チシマゼキショウ科(←ユリ科)チシマゼキショウ属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
宮崎県:日本固有種
花言葉
解説
description
ヒュウガハナゼキショウはチシマゼキショウ科属(←ユリ科)の多年草である。本種は、ヤクシマチャボゼキショウの変種として分類される。本品種に関しては詳細を把握していないので、写真のみを参照用に掲載しました。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考