←トップ頁へ

和名 ヒョウモン
とちぎ花センターにて
漢字表記 彪紋
別名・異名 レデボウリア・ソキアリス/シラー・ビオラケア
古名
語源 和名は、葉の模様から。/属名は、ロシアの植物学者レデブールの名に因んでいる。/種小名は「多数共生の」の意。
学名 Ledebouria socialis (=Scilla socialis =S. violacea ).
英名 silver squill, wood hyacinth
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 油點百合
植物分類 キジカクシ科(←ヒアシンス科←ユリ科)レデボーリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ヒョウモンはキジカクシ科(←ヒアシンス科←ユリ科)の球根植物である。写真に見られるように葉に濃緑色の不規則な模様が入る。葉の裏面は鮮紫紅色となる。葉の形状は披針形または狭長楕円形で、外側に湾曲する傾向がある。葉長は10㎝前後である。球根からは、葉が3~5枚程度出るだけである。5~7月頃、葉と葉の間から花茎を総状花序に帯緑白色の小花を多数穂状に開花する。概して本種の球根は写真中央部に見られるように地表に出る特徴がある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考