←トップ頁へ

和名 jp ヒョウタンウツボカズラ  
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 瓢箪靫蔓
別名・異名
another name
ネペンテス・アラータ
古名old name
語源
etymology
和名は捕虫袋の形状から。
属名はギリシャ語のne(=無)とpenthos(=憂)の合成語で、「憂いを消す」の意となるが、捕虫袋内の分泌液を指しているという。
種小名は、「翼状部のある」の意。
学名sn Nepenthes alata
英名en Winged pitcher plant
Monkey cups pitcher plant
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:東京都薬用植物園
西名 es  
葡名pt
漢名ch 翼状猪籠草
植物分類 ウツボカズラ科ウツボカズラ属
園芸分類 蔓性常緑多年生草本
用途use 吊り鉢/温室栽培
原産地
distribution
マレーシア~ボルネオ島~スマトラ島~フィリピン
花言葉 熱い感動
解説
description
ヒョウタンウツボカズラはウツボカズラ科の多年草である。本種は原産地の項に記した地の標高800~2000m級高地の熱帯雨林に自生する蔓性多年草で割る。蔓長は4m程度となる。所謂食虫植物で、蔓の先に捕虫嚢を黐、その入り口の密腺で誘って虫を誘引し捕虫する。捕虫嚢の形状は下部に膨らみを持つ円筒状で、長さは10~30㎝程度となり、その色彩も緑色~赤褐色と個体差がある
   
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考