←トップ頁へ

和名 ヒユ
漢字表記
別名・異名 ヒユナ
古名 ヒユ(比由)
語源 和名は、「ヒユ」は「冷ゆ」からと言われているが、その意味不詳。/属名は、ギリシャ語のamaranthos(=しぼまない)を語源としている。一説には、乾燥に耐える性質からと言われている。/種小名は、「醜い、無愛想な」の意。
学名 Amaranthus mangostanus
英名 amaranth
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒユ科ヒユ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用(葉)/小鳥の餌(実)/薬用 撮影者:東京都 中村利治様
原産地 インド 撮影地:東大附属小石川植物園
花言葉
解説 ヒユはヒユ科の一年草である。草丈は、50㎝~1m50㎝程度。夏から秋に白緑色の花を葉の脇に見せる。花後の種子は黒色。
履歴 渡来時期は不詳。(かなり古い時代と推測されている。)
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
23 207 「白露」