←トップ頁へ

和名jp ヒヨス
↑撮影者:東京都 中村敏子様
昭和薬科大学薬用植物園にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:東北大学薬用植物園
漢字表記 菲沃斯
別名・異名
other name
ヒヨスキアムス・ニゲル
ヒヨスキアムス・ニガー
古名old name
語源
etymology
和名は、属名のHyoscamusの音読みからの転訛と言われている。
属名は、ギリシャ語のhyos(=豚)とcyamos(=豆)の合成語から。
種小名は「黒色の」の意。
学名sn Hyoscyamus niger
英名en Henbaqne,
Stinking nightshade,
Black henbane
仏名fr Jusquiame noire
独名de Schwarze Bilsenkraut
伊名it Giusquiamo nero
西名es Beleño negro
,Hierba loca
葡名pt Meinmendro-negro,
Belano,
cardo-beleno,
Cardo-meleno
漢名ch 天仙子
植物分類 ナス科ヒヨス属
園芸分類 二年生草本
用途use 薬用
原産地
distribution
ユーラシア大陸(日本には自生は無く、あるのは栽培種のみ)
花言葉
解説
description
ヒヨスはナス科の2年草である。草丈は1m前後程度に。葉は長さ15~30㎝程度の広卵形で縁には浅い欠刻があり、茎に互生する。葉も茎も繊毛が密生し、触れるとべたつく。7月頃、茎頂或いは枝先に黄色い漏斗形の花をつける。花冠は5裂する。花冠の内側には紫色の脈模様が入る。本種には強いアルカロイドを含む。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『和漢三才図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 有毒植物(葉・茎・種子)