←トップ頁へ

和名jp ヒヨドリバナ
↑栃木県壬生町にて/撮影:GKZ↓

撮影者:東京都 中村利治様↓

箱根湿生花園にて↑
漢字表記 鵯花
別名・異名
other name
古名old name ホロシ(保呂之)
ツグミノイヒネ(豆具弥乃伊比禰)
語源
etymology
和名は、一説にはヒヨドリが鳴く頃に開花することからとも、また、別には葉姿をヒヨドリの翼に見立てたことからとも言われている。
属名は、紀元前の小アジアのポントス王ミトリダテスの姓エウパトルの名に因んでいる。この属の植物を薬用に用いたことによるという。
種小名は「中国の」の意。
学名sn Eupatorium chinense
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 華澤蘭
多須公
植物分類 キク科ヒヨドリバナ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国/フィリピン
花言葉 清楚.
解説
description
ヒヨドリバナは、キク科の多年草である。草丈は1~2m程度に。葉は薄く、対生し、広披針形で縁には鋸歯がある。葉の表面には短毛がまばらに見られる。茎も縮れた毛がありざらつく。8~10月頃、茎上部に白色または淡紫色の花を多数見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考