←トップ頁へ

和名 ヒツジグサ
漢字表記 未草
別名・異名 ハクセン(白鮮)・ビャクセン((白鮮)
古名 ヒツジグサ(比都之久佐)
語源 和名は、未の刻(午後2時頃)に開花することから。(履歴の項参照)/属名は、水の女神Nymphaに因んでいる。/また、種小名は、「四角の」の意。花床が四角であることから。
学名 Nymphaea tetragona Georgi var. angusta Casp.
英名 Nenuphar/Water lilly 群馬県館林市:多々良沼公園にて↑
仏名 nénuphar 群馬県立館林美術館にて↑ 
独名
伊名
西名 nenúfar
葡名
漢名 睡蓮
植物分類 スイレン科スイレン属
園芸分類 水生多年生草本
用途 池植え/水鉢植え/薬用(根茎)
原産地 日本/インド/中国/朝鮮半島/シベリア/北米
花言葉 純情・純潔・信頼、清純、気立てが良い
解説 ヒツジグサは、スイレン科の多年草である。根茎は水中で太く直立する。葉は細くて長い円柱状の柄を有する。葉は、卵円形か広楕円形。葉の長さが5~12㎝程度。6~9月頃に開花を見る。花径5㎝前後、花色は白。
履歴 昭和8年(1933)に、故牧野富太郎博士が、京都の巨椋池で観察したところ、丁度正午頃から萼が少しゆるみ始め、午後2時頃に花弁が全開し、午後5時半に閉じることを確認したと言うことである。
県花・国花 栃木市:三かも山公園にて↑ 
古典1  
古典2 『本草和名』、『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語  
備考