←トップ頁へ
和名 ヒトツバショウマ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 一葉升麻
別名・異名
語源 和名は、茎葉が一枚であるショウマの意から。/属名は、ギリシャ語のa(=無)とstilbe(=光沢)で、この属のインド産の植物の葉に艶がなかったことから。/種小名は「裂けない葉を持った」の意。
学名 Astilbe simplicifolia
英名 False Spirea/Japanese Astilbe/Star Astilbe
仏名
独名
伊名 撮影地:箱根湿性花園
西名
葡名
漢名
植物分類 ユキノシタ科チダケサシ属
園芸分類 多年生草本
用途 ロックガーデン/庭園/鉢植え
原産地 日本(関東地方)
花言葉 恋の訪れ、自由、熱心な気持ち
解説 ヒトツバショウマは、ユキノシタ科の多年草である。チダケサシ属の多くは複葉であるのに対して本種は茎葉が一枚だけなのでヒトツバショウマの名がある。根生葉は長い柄を持ち、卵形で3裂する。縁には不揃いの鋸歯がある。6~8月頃、茎頂にまばらな花序を出し白色の小花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考