←トップ頁へ

和名 ヒトリシズカ
漢字表記 一人静
別名・異名 マユハキソウ
古名
語源 和名は、フタリシズカに対して、花穂が1本のため。「静」は、静御前に因んでいる。/属名は、ギリシャ語のchloros(=黄緑)とanthos(=花)の造語。
学名 Chloranthus japonicus
英名 拙庭にて(撮影:GKZ)↑
仏名
独名
伊名 撮影者:さいたま市・滝沢宏至様→
西名 撮影地:国立科学博物館付属自然教育園
葡名
漢名 銀綫草
植物分類 センリョウ科チャラン属(←センリョウ属)
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本/南千島/サハリン/中国/朝鮮半島 拙庭にて(撮影:GKZ)↓
花言葉 隠された美
解説 ヒトリシズカはセンリョウ科の多年草である。我が国の丘陵や山地の林下に自生が見られる。草丈5~30㎝程度。茎は直立し、紫色を帯びる。3月頃に、茎頂に花穂を見せる。穂の長さは3㎝前後。花色は白色。花被片はなく、白色の花糸だけが目立つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考