←トップ頁へ

和名 ヒトモトススキ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
漢字表記 一本薄
別名・異名 シシキリガヤ(猪切り茅)
古名
語源 和名は、1株から多数の葉が出ることから。/属名は、ギリシャ語のcladion(=小枝)から。/種小名は「中国の」の意。
学名 Cladium chinense
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 華克拉莎
植物分類 カヤツリグサ科ヒトモトススキ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 日本(関東以西)/朝鮮半島/中国南部/東南アジア
花言葉
解説 ヒトモトススキは、カヤツリグサ科の多年草である。草丈は2㍍ほどにも。大型の円錐花序は茶色で、ややコルク質の果実をつける。葉は幅広い線形で、長さ1㍍にもなり、非常に堅い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 263 「冬葵」