←トップ頁へ

和名 ヒスイラン
漢字表記 翡翠蘭
別名・異名 バンダ
古名
語源 属名のVandaとは梵語の「着生する」に由来している。
学名 Vanda spp.
英名 Vanda/Lei orchid
仏名 vanda
独名  Vanda ↑群馬県県立つつじが岡公園温室にて↓
伊名 Vanda
西名 Vanda
葡名 Vanda
漢名 萬代蘭
植物分類 ラン科バンダ(ヒスイラン)属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 中国南部~インド~オーストラリア
花言葉 上品な美しさ・華やかな恋・個性的
解説 ヒスイランは、今日では、属名のバンダの名で親しまれている。バンダ属の特徴としては、花の寿命が長く、大輪であり、花色が美しいと言う点であろう。バンダ属は、葉の形状により、広葉系(ストラップ系)と棒状葉系(テレート系)との大別されている。花色は、淡青色、ピンク、グリーン、褐色、白色等と多彩である。バンダ属の花野特徴として、花弁に網目模様や斑点が入る点も人気の一つなのかもしれない。
履歴 ブルー系の代表的原種のコエルレア種は、明治30年(1897)に渡来している。
県花・国花
古典1 撮影者:大阪府 藤井 勝様
古典2 撮影地:大阪府 咲くやこの花館
季語
備考