←トップ頁へ

検索名 ヒソップ・オフィキナリス
和名 ヤナギハッカ
漢字表記 柳薄荷
別名・異名 ヒソップ・オフィキナリス
古名
語源 和名は、葉姿から。/属名については備考欄を参照下さい。/種小名は「薬用の、薬効のある」の意。
学名 Hyssopus officinalis
英名 Hyssop
仏名 hysope
独名 Ysop
伊名 issopo 撮影地:足立区都市農業公園
西名 hisopo 撮影者:東京都 中村利治様↑
葡名 hissopo 撮影:GKZ/とちぎわんぱく公園(壬生町)↓
漢名 神香草
植物分類 シソ科ヤナギハッカ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用/香味料/化粧品用香料
原産地 ヨーロッパ南部~アジア西部
花言葉 きれい好き
解説 ヒソップは、シソ科のハーブである。昔から神聖なハーブとして聖地には欠かせない存在でもある。また、高級化粧品やオーデコロンなどにも抽出された精油が用いられるために、工業的にも大量生産がなされる植物でもある。草丈は40~60㎝。6~8月にかけて、紫色の花を見せる。
履歴 聖書の原語では本種はezophと記載され、やがて、各国語に翻訳される過程でスペル・ミスが生じ、現在に至ったという。英語では、16世紀頃までは、ドイツ語名の欄に記したysop名であったという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 本種と同属(ヤナギハッカ属)のある種の植物をアッカド語でezophと言い、それがヘブライ語ではhyssoposと変化し、ギリシャ語に入りhyssopusとなったという。