←トップ頁へ

和名jp ヒシ
↓群馬県館林市:多々良沼にて↑

国営武蔵丘陵森林公園にて↓

 撮影地:とちぎ花センター↓
漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
ヒシ(比斯)
語源
etymology
和名は、ヒシは緊(ヒシ)の意で、実の鋭い刺によるとも、また、ひしぐ(挫)の意で、その実が押しつぶされたような形からとも。
属名はラテン語のcalcitrapa(=藜鉄:敵の進行を阻むために巻く刺のある鉄製の武器)の短縮形から。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Trapa japonica Flerov
英名en Water chestnut
Water caltop
仏名fr mâcre
chataigne d'eau
独名de Japanische Wassernuss
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ミソハギ科(←ヒシ科)ヒシ属
園芸分類 一年生水生植物
用途use 池/水鉢/種子は食用。
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国
花言葉 秘めた思い
解説
description
ヒシは、ミソハギ科(ヒシ科)の水生一年草である。細い茎は水中を長く伸びて水面に達し、多数の葉を水面に広げ、水中では節から羽状の根を出す。葉は菱形。表面につやがある。葉柄の上部はふくれて中に空気を含み、水面に浮く役目を果たす。夏に葉の腋から短い花柄が出て小さな花を見せる。花色は白色。果実は押しつぶされた倒三角形で、硬質の果皮に包まれる。
履歴
県花・国花
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『万葉集』、『枕草子』、『千載和歌集』、『芭蕉句集』
古典2 『延喜式』、『大和本草』、『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語 夏(花)/秋(実)  
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 159 「清燉独蛇湯」