←トップ頁へ

和名 ヒルザキツキミソウ
漢字表記 昼咲き月見草
別名・異名 タイワンツキミソウ(台湾月見草)/エノテラ
古名
語源 和名は、日中に開花が見られることから。/属名は、「酒」と「野獣」による合成語。根にワインに似た香があり、獣が好んで食べることからという。/種小名は「美しい」の意。
学名 Oenothera speciosa
英名 Rose of Mxico
仏名 onagre rose,primevère rose du Missouri
独名 Rosafarbene Nachtkerze ↑ 群馬県館林市にて ↓
伊名 enotera messicana,enagra bella
西名 oenothera
葡名 gotes-brancas-desol,flor-do-dia,
primula-branca-da-tarde
漢名 美麗月見草
植物分類 アカバナ科マツヨイグサ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 北米中部~メキシコ
花言葉 物言わぬ心/自由な心
解説 ヒルザキツキミソウは、アカバナ科の多年草である。ツキミソウの仲間は、夕方から開花するが、この種は昼に開花するのでヒルザキツキミソウの和名が命名されている。草丈は50㎝前後。開花期は6月前後。花色は白で、開花後にピンクとなる。
履歴 わが国へ昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考