←トップ頁へ
検索名  ヒルスキフェルディア・インカーナ
和名 ダイコンモドキ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様 

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方





漢字表記 大根擬
別名・異名 アレチガラシ(荒地芥子)
ダテガラシ(伊達芥子)
ヒルスキフェルディア・インカーナ
古名
語源 和名は、外来種であり、葉姿がダイコンによく似ていることから。
属名は、18世紀ドイツ人哲学者・園芸家のChristan Cay Hirschfieldへの献名
種小名は「灰白色の」の意。
学名 Hirschfeldia incana(=Erucastrum incana)
英名 Greek mustard
Shotpod mustard
Mediterranean mustard
Summer mustard
Hoary-mustard
Wild mustard
仏名 Hirschfeldie blanchie
Hirschfeldie apprimée
独名 Grausenf
Bastardsenf
Hirschfeldia
伊名 Senapa canuta
西名 Mostaza parda
Rabanize amarilla
葡名 Roqueta bastarda
漢名
植物分類 アブラナ科ダイコンモドキ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用・薬用
原産地 地中海沿岸地方
花言葉
解説 ダイコンモドキはアブラナ科の一年草である。草丈は1m程度となり、上部で良く分枝をする。根出葉は長さ1~4㎝程度の葉柄の先につき、長さ4~22㎝、幅1.5~6㎝程度の卵形で、裏面は白色を帯びる。茎葉は楕円形となり、上方に上がるほど小さくなる。4~11月頃、枝先に総状花序を出し、径2㎝程度で4弁の花をつける。花後には、長さ1~1.5㎝程度の長角果をつける。
履歴 本種は、地中海沿岸地方原産種であるが、今日、南北両アメリカ・南アフリカ・オーストラリア・ニュージーランド・太平洋諸島等では帰化状態にある。
アジア地域では、我が国で帰化状態として定着を見ている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考