←トップ頁へ

和名 ヒルムシロシバ
漢字表記 蛭蓆芝
別名・異名 ヒグロリザ・アリスタータ
古名
語源 和名ヒルムシロに似たシバの意からかと推測される。/属名は、ギリシャ語のhygro(=湿性)とoryza(=イネ)の合成語から。/種小名は「芒のある」の意。
学名 Hygroryza aristata
英名
仏名
独名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
伊名 撮影地:筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 水禾
植物分類 イネ科ヒグロリザ属
園芸分類 多年生草本
用途 アクアリウム栽培・池栽培
原産地 中国・台湾・インド~東南アジア
花言葉
解説 ヒルムシロシバは、イネ科の多年草である。葉は、長さ2~7㎝、幅1~2㎝の披針形~長楕円形で、基部は心形である。葉鞘がスポンジ状に膨らみ水面に浮遊する水生植物である。アクアリウムや鯉等を飼育する池等で本種が栽培されるが、本種は高温を好む植物である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考