←トップ頁へ

和名 ヒルガオ
漢字表記 昼顔
別名・異名 オオヒルガオ/アメフリアサガオ
古名 カホハナ(貌花・顔花)
語源 和名は、日中に花を開くことから。/属名はギリシャ語のcalyx(=萼)stege(=蓋)の合成語で2枚の大きな苞葉が萼を覆っていることから。
学名 Calystegia japonica Choisy
英名 convolvulus
仏名 belle-de-jour
独名 Winde
伊名 convolvolo
西名 convólvulo
葡名 convólvulo
漢名 旋花
植物分類 ヒルガオ科ヒルガオ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途 鉢植え/吊り鉢/薬用/若芽は食用
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 キズナ/優しい情愛/うまく取り入る 群馬県館林市にて
解説 蔓性の多年草で、茎は蔓になって他物にからむ。長い柄を持つ葉は互生し、長楕円形で、先はとがらない。真夏に葉の腋から長い花柄を出し、先に淡紅色で漏斗状の花を見せる。結実することは少ない。
履歴
県花・国花
古典1 『好色一代男』、『芭蕉句集』、『蕪村句集』、『一茶句集』、
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
16 188 「藤袴」
21 208 「陣笠葉虫」