←トップ頁へ

和名 ヒロハシャゼンオモダカ
漢字表記 広葉車前沢瀉
別名・異名 エキノドルス・グランディフロルス・アウレウス
古名
語源 和名はオオバコのような葉を持ったオモダカの意から。/属名は、ギリシャ語のechino(=針or刺)とdoros(=袋)の合成語から。/種小名は「大花の」の意。/亜種名は「黄金色の」の意。
学名 Echinodorus grandiflorus subsp. aureus
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 撮影地:タイ・サムイ島
西名
葡名
漢名
植物分類 オモダカ科シャゼンオモダカ属
園芸分類 多年生草本
用途 水槽栽培
原産地 北米南部~南米南部
花言葉
解説 ヒロハシャゼンオモダカはオモダカ科の多年草である。原産地(中南米)では沼地に自生の見られる水性植物である。我が国では、園芸愛好家よりも、むしろ水槽用の水草として知られている植物である。葉は和名に見られるようにオオバコにも似た形状であり、表面に葉脈がよく目立つ。葉に鋸歯は見られない、つまり全縁である。若葉の内は黄緑色であるが、葉が古くなると黄金色に変わることが人気を得ている要因のようである。6~7月頃、長い花柄を出し、穂状に白色の3弁花をまばらに開花する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考