←トップ頁へ

検索名  ヒロハノカラン   
和名 ダルマエビネ
漢字表記 達磨海老根
別名・異名 ヒロハノカラン
古名
語源 和名の語源不詳(恐らく舌弁の形状からの命名と推測される)。/属名は、ギリシャ語のcalos(=美)とanthos(=花)の合成語からで美しい花をつけることから。/種小名「ヘラオモダカ属のような葉の」の意。
学名 Calanthe alismifolia
英名 The water-plantain leaf-like Calanthe
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 細點根節蘭
植物分類 ラン科エビネ属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 日本(九州~沖縄)/台湾/中国南部/ブータン/ヴェトナム/シッキム/ヒマラヤ地方
花言葉 謙虚・誠実
解説 ダルマエビネはラン科の多年草である。草丈は30~40㎝程度。偽鱗茎は、エビネ属特有の性質として数個が接しながら並ぶ。偽鱗茎の上に2~3個の葉を頂生する。葉は、長さ13~20㎝程度の楕円形~卵形。6~7月頃、30~40㎝程度の花茎を立ち上げ総状花序をつけ、数個の蕾をつける。花茎には黒色毛がある。花は、下方から順次上方へと開花して行く。花は平開し、白色である。唇弁の基部には黄色い突起が見られる。本種の場合、暖地生のため、冬芽で越冬する事は無い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考