←トップ頁へ
和名 ヒロハノアマナ
漢字表記 広葉甘菜
別名・異名
古名
語源 和名は、葉幅の広いアマナの意から。/属名は、和名から。/種小名は「広葉の」の意。
学名 Amana latifolia(=Tulipa latifolia)
英名
仏名
独名 撮影者:東京都 山口米子様
伊名 撮影地:国立科学博物館
西名 付属自然教育園
葡名
漢名 闊葉老鴉弁
植物分類 ユリ科アマナ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用、薬用
原産地 日本:本州(関東~近畿)・四国/中国
花言葉
解説 ヒロハノアマナはユリ科の多年草である。概して、山地の日当たりの良い山地に自生する。地下の鱗茎から一対の葉を出す。葉は線形で葉幅は1~2㎝程度、長さは30㎝程度となり、葉の中心部に白色のストライプが入る。草丈(花茎)は15~30㎝程度。3~5月頃、15㎝程度の花茎を立ち上げ、その先端に白色で鐘形の花をつける。花被片は6個で、暗紫色のストライプが入る。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考1
備考2