←トップ頁へ

和名jp ヒロハホザキアヤメ
漢字表記 広葉穂咲菖蒲
別名・異名
other name
コスタス・マローティーアヌス
古名old name
撮影者:東京都 中村利治様

撮影地:新宿御苑  
語源
etymology
和名は、葉幅の広いホザキアヤメの意から。
属名はアラビア語のkoost(=東印度)の意で、渡来植物であることをを示している。
種小名は、ハノーバー王国(現ドイツ・ハノーバー市)時代のCarl Ernest von Malotie大臣への献名。
学名sn Costus malortieanus
英名en Step-ladder costus
Spiral flag
Spiral ginger
Velvet ginger
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Jengibre en espiral
Cana agria
葡名pt  Gengibre-espiral
Bandeira-espiral
漢名ch 絨葉閉鞘薑 
植物分類 オオホザキアヤメ科(←ショウガ科)コストゥス属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(暖地)/鉢植え/食用(花) 
原産地
distribution
コスタリカ~ニカラグア 
花言葉 幸せを招く
解説
description
コスツス・マローティーアヌスは、オオホザキアヤメ科(←ショウガ科)の多年草である。草丈は、1m程度に。葉は広楕円形で茎に対して螺旋状につく。葉には白色~紫色の軟細毛が密生する。葉の表面には、葉脈に沿って、浅緑色と濃緑色との縞模様が見られる。茎頂に球状の花序をつけ、基部から上方へと順次開花して行く。周年開花で、花は一日花であり、翌日には萎れてしまう。花の中で黄色い管状の部位は食用にもされると言う。 
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典  
季語  
備考