←トップ頁へ

和名jp ヒロハホウキギク
漢字表記 広葉箒菊
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、同属で等しくアメリカからの帰化植物であるホウキギクに比して葉は葉が広いことから。
属名はギリシャ語のaster(=星)を語源としている。頭状花が放射状であることから。
種小名は「のみ形の」の意。
変種名は「サンドウィッチ諸島の」の意であるが、本種に関しては、ハワイ諸島を意味している。
学名sn Aster subulatus var. sandwicensis 
英名en Sautherrn annual saltmarsh aster
撮影者:沖縄県 田中 勝様 

撮影地:那覇市
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 鈷形紫
鑽形紫菀
瑞連草
土柴胡

澤掃帚菊
植物分類 キク科シオン属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
北米
花言葉
解説
description
ヒロハホウキギクは、キク科の多年草である。草丈は50~100㎝程度。葉は狭長楕円形で、鋭尖頭、基部は楔形で、茎を抱かない。(同属のホウキギクの場合には基部で茎を抱く)8~10月頃、形7~9㎜程度の頭花をつける。花色は淡桃紫色。花後に舌状花は外側に巻き込み、冠毛はあまり伸びず、殆ど見えない。
履歴 本種は、1960年代に北九州で発見され、今日、関東以西では広く帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考