←トップ頁へ

和名jp ヒレタゴボウ
撮影者:京都府 藤井俊夫様

撮影地:京都府木津川市
漢字表記 鰭田牛蒡
別名・異名
other name
アメリカミズキンバイ
古名old name  
語源
etymology
和名は、茎の稜上にヒレを持つタゴボウ(=チョウジタデ)の意から。
属名はドイツ・ライプチッヒの植物学教授、Christian Gottlieb Ludwigへの献名。
種小名は「着点より下に延びたの」の意。
学名sn Ludwigia decurrens
英名en Wingleaf primrose-willow
仏名fr Ludwigia decurrens
独名de Wasserprimel
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 翼茎水丁香
植物分類 アカバナ科チョウジタデ属
園芸分類 1年生草本
用途use
原産地
distribution
北米
花言葉
解説
description
ヒレタゴボウは、アカバナ科の1年草である。全草無毛で、草丈は50~100㎝程度に。茎には4稜があり、葉の基部が稜に沿って下方に流れて低いヒレ状となる。葉質は薄く、葉形は長さ5~12cm、幅1.5~3cmの披針形~線状披針形で茎に互生する。葉は無柄で、全縁、尖端は鋭頭で尾状に長く延びる。8~10月頃、葉腋に、疎らに黄色い4弁花を単生する。
履歴 国立博物館には大正10年(1921)に高知県で採取された標本があると言う。1950年代より四国地方に野生化が確認されている。その後、中国地方や関東地方でも確認されるようになったという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考