←トップ頁へ

検索名  ヒッポブロマ・ロンギフロラ  
和名 ホシアザミ
漢字表記 星薊
別名・異名 セッコウソウ(雪香草)/ヒッポブロマ・ロンギフロラ/ベツレヘムのホシ(※)/イソトマ
古名
語源 和名は、花が星型で、葉がアザミに似ていることから。/属名は、ギリシャ語のhippos(=馬)とbromos(=激しさ)の合成語で、猛毒のため馬をも狂わせるの意とか。/種小名は「長い花の」の意。
学名 Hippobroma longiflora(=Isotoma longoflora)
英名  Star of Bethlehem,
Longflower laurentia 
 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:タイ・バンコク・クイーンシリキット公園
仏名 Lastron blanc,Étoile de Bethléem  東京都薬用植物園にて↓
独名 Stern von Bethlehem
伊名 Hippobroma longiflora
西名 Estella
葡名 Arrebenta-boi
漢名 許氏草、同瓣草、馬酔草
泰名  ต้นปีบฝรั่ง 
植物分類 キキョウ科ヒッポブロマ属
園芸分類 多年性草本
用途 薬用
原産地  西印度諸島 
花言葉
解説 ホシアザミは、キキョウ科の多年草である。草丈は50㎝前後程度に。葉は、長さ10~15㎝の披針形~倒披針形で、縁にアザミに似た鋭い鋸歯を持ち茎に互生する。4~11月頃、茎上部の葉腋から長い花筒を持った白色で、径2~3㎝の花を上向きにつける。花冠は5裂する。葉、茎、花を折ったり、切ったりすると、白色の乳液状の液体が出るが強い毒性を有する。目に入ると失明すると言われている。また、皮膚についても炎症を起こす。本種には、全草に強いアルカロイドが含まれている。有毒植物
履歴 とても繁殖力・生活力が旺盛で、世界の熱帯・亜熱帯地域に侵出して帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ベツレヘムノホシの名を持つ植物は他にも多数ある。