←トップ頁へ

和名 ヒッペアストルム・ドラニエ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、葉の中央に白い斑が線状に入ることから。/属名は、ギリシャ語のhippoes(=騎士)とastron(=星)の合成語で、広線形で厚質の力強い葉と大きな美しい花の印象から。/種小名の語源不詳(人名に因んでいるものと推測される)。
学名  Hippeastrum doraniae  撮影者:東京都 中村利治様 
英名 撮影地:筑波実験植物園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
園芸分類 多年生草本(球根植物)
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ヴェネズエラ
花言葉
解説 ヒッペアストルウ・ドラニアエは、ヒガンバナ科の球根植物である。草丈は50~70㎝程度に。葉は幾分厚味のる広線形で長さは40~50㎝程度。葉の縁部は全縁、先端部は円頭、基部は茎を抱く。5~6月頃、長い花茎の先に散形花序を出し、径10㎝程度の筒状花を数個つける。花色は桃赤色で、花弁中央部に白色の条線が走る。
履歴 渡来時期不詳
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考