←トップ頁へ

和名  ヒッペアストルム・エスコバルリエ 
漢字表記
別名・異名 アマリリス・エスコバルリエ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のhippoes(=騎士)とastron(=星)の合成語で、広線形で厚質の力強い葉と大きな美しい花の印象から。/種小名の語源不詳。
学名 Hippeastrum escobaruriae
(=Amaryllis escobaruriae)
英名   
仏名   
独名    撮影地:筑波実験植物園  
伊名     撮影者:東京都 中村利治様 
西名
葡名
漢名
植物分類 ヒガンバナ科ヒッペアストルム属
園芸分類 多年生草本(球根植物)
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ボリビア
花言葉
解説 ヒッペアストルム・エスコバルリエは、ヒガンバナ科の球根植物である。所謂、一般的に「アマリリス」と呼ばれる仲間で、原産地はボリビアの標高2000m級高地である。草丈は30~50㎝前後程度に。葉は幾分厚味のある広線形で長さは30~40㎝程度。葉の中心部(主脈部)では下方に幾分凹みを見せ、先端は幾分尖る。秋に長い花茎を立ち上げ、その先端に径10㎝前後程度の長い筒状花を横向きに1~3個程度つける。花色は花弁の中央部並びに基部は白色で、それ以外は赤色地に濃赤色の筋状紋様が走る。
履歴 渡来時期不詳
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考