←トップ頁へ

検索名 ヒポクシス・アウレア(オーレア)
和名 コキンバイザサ
漢字表記 小金梅笹
別名・異名 キバナアッツザクラ(黄花アッツ桜)/ヒポクシス・アウレア(オーレア)
古名
語源 和名は、キンバイザサに比して小形のための命名。因みに、キンバイザサとは、葉姿がササを、花が金色のウメをそれぞれ連想させることからの命名と言う。/属名はギリシャ語のHypoxis(=やや酸性の)を語源としている。/種小名は「黄金色の」の意。
学名 Hypoxis aurea
英名 Golden star glass
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 小金梅葉、小金梅草 撮影者:埼玉県 石井麻寿美様/植栽品
タイ語 หญ้าดอกคำ
植物分類 キンバイザサ科(←ヒガンバナ科)コキンバイザサ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 日本(宮城県以西)/ヒマラヤ~マレーシア(中央アジア)
花言葉
解説 ココンバイザサは、キンバイザサ科(←ヒガンバナ科)の球根植物である。我が国の園芸界では「黄花アッツ桜」の名で流通していることが多い。アッツ桜(ロードヒポクシス)も等しくキンバイザサ科の植物であるので、花色こそ異なるが、葉姿・花姿は良く似ているからの命名であろう。コキンバイザサは、概して山地の幾分湿り気の多い地で、しかも日当たりの良い場所に見られる野草である。草丈(葉長)は10~20㎝前後程度。葉は狭線形で、長細毛が目立つ。6~9月頃、長さ10㎝前後程度の花茎を出し、茎頂に1個の径1㎝前後程度の黄色い花をつける。1茎1花である。果実は、キンバイザサ属の場合、蒴果となるが、本種(コキンバイザサ属)の場合は肉質となる。地下には径1㎝程度の球根を持つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考