←トップ頁へ

検索名  ヒポエステス・フィロスタキア  
和名
ソバカスソウ
漢字表記 雀斑草
別名 ユカリニシキ(縁錦)/ヒポエステス・フィロスタキア
古名
語源 和名は、葉に斑点の入った模様が見られることから。/属名は、ギリシャ語のhypo(=下)とestia(=家)の合成語から。この花の形状から。/種小名はギリシャ語のphyllon(=葉)とstachys(=穂)の合成語からと推測される。
学名 Hypoestes phyllostachya
英名 Polka-dot Plant/Freckleface
仏名 Plante aux éphélides 撮影者:東京都 中村利治様
独名 Punktblume,Tüfelblume,
Buntfleckige Hüllenklaue
 
伊名 Hypoestes phyllostachya
西名 Hypoestes phyllostachya
葡名 新宿御苑にて
漢名 紅点草
植物分類 キツネノマゴ科ヒポエステス属
園芸分類 常緑多年性草本
用途 鉢植え(ハンギングポット・観葉)
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 ソバカスソウは、キツネノマゴ科の常緑多年草である。どちらかというと、花よりも葉を楽しむ植物である。草丈は50㎝前後程度に。葉は卵形で互生する。表面に白色やピンクの斑模様が入る。若葉は、黄緑色であるが、やがて、暗緑色へと変化していく。表面に白色やピンクの斑模様が入る。年間を通して、葉腋から花茎を伸ばして穂状花序に紅紫色の唇形の小花を開く。茎の基部は木質化する。英名には、多数の異名を持つ植物である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考