←トップ頁へ

検索名  ヒペリクム・ペルフォラツム
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方 
  

下図撮影:GKZ/佐野市・三毳山ハーブ園↓ 
和名 セイヨウオトギリソウ
漢字表記 西洋弟切草
別名・異名 セント・ジョーンズ・ワート
ヒペリクム・ペルフォラツム
古名
語源 和名は、西洋産のオトギリソウの意。
属名は、ギリシャ語のhype(=上に)とeikon(=絵)の合成語で、本種を絵画の下に吊して悪魔を追い払った民間伝承から。
種小名は「貫通した、孔のあいた」の意。
学名 Hypericum perforatum
英名 St. John's wort,
Klamath weed、
Goat weed
仏名 Millepertuis perforé
独名 Johanniskrauto
伊名 Erba di san giovanni,
Scaccidiavoli
西名 Hipérico,Hipericón,
Corazoncillo,
Hierba de San Juan
葡名 Hipérico,
Erva-de-São-João
漢名 貫葉連翹
植物分類 オトギリソウ科オトギリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用/ハーブティー 
原産地 ヨーロッパ中南部
花言葉 秘密、迷信
解説 セイヨウオトギリソウは、オトギリソウ科の多年草である。草丈は30~60㎝程度。茎には2条の稜があり、節ごとに多数の小枝を分枝する。葉は楕円形または長楕円形で、透明の腺点がる。葉は枝を抱え込むようにして対生する。7~8月頃集散花序を出し5弁の黄色い花を開く。花にはレモンに似た香りがある。西洋社会では、古代ギリシャの時代から薬草として用いられてきたが、聖ヨハネの処刑された8月27日頃には、満開となることから、英名ではSt. John's wort(聖ヨハネの薬草)と呼ばれている。また、昔から西洋社会では、本種に魔除けの力があると信じられ、聖ヨハネの誕生日(6月24日=聖ヨハネの日)には、本種を門口に下げておく風習があるという。セイヨウオトギリソウは、鬱病に効果があるとして注目をされてもいる。 
履歴 我が国では既に帰化状態にある。
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考