←トップ頁へ

和名 ヒペリクム・フミフスム
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方 
  


漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。属名は、ギリシャ語のhype(=上に)とeikon(=絵)の合成語で、本種を絵画の下に吊して悪魔を追い払った民間伝承から。
種小名は「伏臥した」の意。
学名 Hypericum humifusum
英名 Trailing St. John's wort
仏名 Millepertuis couché
独名 niederrliegendes Johanniskraut
Niederliegendes Johanneskraut
Liegendes Hartheu
伊名 Iperico prostrato
西名 Hipérico rastero
Hierba de San Juan
Pericón
葡名 Erva-das-mil-folhinhas
Hiperiçao-resteiro
Milfurada
漢名
植物分類 オトギリソウ科オトギリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用/ハーブティー 
原産地 西ヨーロッパ
花言葉 秘密、迷信
解説 ヒペリクム・フミフスムは、オトギリソウ科の多年草である。草丈は30㎝程度となる。茎は地を這い途中で分枝を繰り返し、マット状に広がりを見せる。茎には2本の稜がある。葉は楕円形または長楕円形で、透明の腺点がある。葉は枝を抱え込むようにして対生する。5~9月頃集散花序を出し径1㎝程度で5弁の淡黄色の花を開く。花後には卵形の蒴果をつけ、暗褐色で球状の種子を内包する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考