←トップ頁へ

和名jp ヒオウギアヤメ
↑ 東京大学付属日光植物園にて ↓
漢字表記 檜扇菖蒲
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、葉姿が檜扇状であることから。
属名はギリシャ語で「虹」の意。
種小名は「剛毛状の、刺毛状の」の意。
学名sn Iris setosa
英名en Wild Flag Iris
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 山鳶尾
植物分類 アヤメ科アヤメ属
園芸分類 多年生草本
用途use 庭植え/鉢植え/池植え/切り花
原産地
distribution
日本(本州・中部以北~北海道)/東北アジア/アラスカ/カナダ/アメリカ北東部
花言葉 物思い
解説
description
ヒオウギアヤメは、アヤメ科の宿根草である。菖蒲の仲間では、最も寒地を好む存在である。アヤメに似ているが、上弁は小さな針状となる。花色は紫。花期は5月頃。草丈は30~70㎝程度
履歴
県花・国花 北海道:厚岸町花
古典1
古典2
季語
備考 ※和名で「ヒオウギ」という存在があるが、これは等しくアヤメ属ではあるが、別の属の植物である。