←トップ頁へ

和名 ヒオウギ
漢字表記 檜扇
別名・異名 カラスオウギ/ヌバタマ
古名 カラスアフギ(加良須阿布岐)
語源 和名は、葉姿が檜扇状であることから。/属名は、インドのバラマール地方を意味し、種小名は「中国の」の意。
学名 Belamcanda chinensis
英名 Blackberry lily/Leoparsd flower
仏名
独名 ↑ 花の様子
伊名
西名 写真は拙庭にて
葡名
漢名 射干
植物分類 アヤメ科ヒオウギ属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/路地植え/切り花
原産地 日本/中国インド北部
花言葉 誠意、誠実 ↑ 種子  ↓葉姿
解説 ヒオウギは、アヤメ科の宿根草である。地球上で、1属1種の特殊な存在である。和名の通りに幅3㎝程度、長さ30~40㎝程度で剣状の葉が扇を開いたかのような状態を見せる。草丈は、1m程度まで。7~8月に朱桃色の径5㎝前後の花を見せる。花には、赤い斑点が見られる。花弁は6枚。
履歴 我が国の古語で、黒色を表す最も古い言葉は「ヌバ」であった。ヒオウギの種子は真っ黒なので、「ヌバタマ」と呼ばれた。そして、「黒」、「夜」、「髪」などにかかる枕詞として「ヌバタマ」が用いられるようになっている。
県花・国花
古典1 『古事記』、『日本書紀』、『出雲風土記』、『太平記』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『延喜式』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語
備考 ※等しくアヤメ科に「ヒオウギアヤメ(Iris setosa)」が存在するが、本種とは別の存在である。