←トップ頁へ

和名jp ヒオセリス・スカブラ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
漢字表記
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、英名の音読みから。
属名は、ギリシャ語で「豚」と「サラダ菜」の合成語から。
種小名は「ざらざらした」の意。
学名sn Hyoseris scabra
英名en Annual Hyoseris
Lesser Hyoseris
仏名fr Hyoséride scabre
Chicorée scabre
独名de Gattung Hyoseris
Schweinssalat
伊名it Radicchio ruvido
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科ヒオセリス属
園芸分類 1年生草本
用途use
原産地
distribution
地中海沿岸地方~北アフリカ
花言葉
解説
description
ヒオセリス・スカブラはキク科の1年草である。本種は、原産地の項に記した地の岩礫質な土壌地帯で向陽地の草原に自生の見られる野草である。草丈は10㎝程度となる。葉はすべて根出葉でロゼット状に広がりを持つ。葉は、狭楕円形で、縁部は羽状に深裂する。2~4月頃、短い花茎を斜上し、径3~5㎜程度で黄色い舌状花ばかりの花をつける。舌状花の数は5~10個となる。
履歴   
県花・国花  
古典1
古典2
季語
備考