←トップ頁へ

和名jp ヒノミサキギク
漢字表記 日ノ御碕菊
別名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は和歌山県日ノ御碕の地名に因んでいる。
属名は、ギリシャ語のcrysos(=黄金色)とanthemon(=花)の合成語。
種小名は和歌山県の植物を調査した小川由一氏への献名。
学名sn Chrysanthemum × ogawae
英名en
撮影者:千葉県 三浦久美子様
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:京都府立植物園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
dsitribution
日本(和歌山県中西部)
花言葉
解説
description
ヒノミサキギクは、キク科の多年草である。和歌山県中西部の沿海地に分布の見られる野草である。本種はキイシオギクとシマカンギクとの自然交雑種と看做される。草丈は30~70㎝程度となる。茎は叢生し、花浅裂~中裂し、シマカンギクに似る。葉裏はキイシオギクのように銀白色となる。11~12月頃、茎頂に径1~2㎝程度の花を散房状につける。舌状は名は淡黄色~黄色で、長さは不揃いである。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考